キャッシングの利息と10万円の短期融資について

お金をキャッシングによって借りる時には、当然借りた分のお金に金利がかかってくるものです。しかし、よく表示されている金利は最低金利と最高金利があって、自分がキャッシングで借りたいと考えている金利がいくらなのかよく分からないというケースも多々あることでしょう。では、仮に10万円を借りたいと考えていた場合、そこにかかってくる金利は一体いくらなのでしょうか。

金利を考える上で需要なのは、借りる額によって金利の利率は低くなっていくということです。ですから、多くのお金を借りる程に1円当たりに支払う利息の額は少なくなっていきます。しかし、これはトータルした利息が多くなるための配慮でありますから、結果的には多くのお金を支払っているのには変わりありません。さて、この金利は借りるお金の額によって変わってくるのですが、その境目となっているのが10万円という金額です。実はキャッシングを行う時に、10万円に満たない額を借りればそこには20%の金利が、そしてそれ以上の金額を借りれば18%の金利がかかってきます。ですから、もし10万円を借りるのであれば利息が安くなることを考慮して11万円をキャッシングするということも大切だと言えるかもしれません。

しかし、10万円の短期融資の場合であればこの金利は多少なりとも安くなってくるケースもあります。最近では短期融資なら無利息というキャッシング業者もありますので、その点については充分に調べてから利用を行うと良いでしょう。